予防接種

予防接種を希望される方へ

当院では、各種予防接種を実施しております。 尚、予防接種は通常の診療時間で対応しておりますが、事前にお電話にて希望の接種日時をご予約下さいますようお願い致します。

また、予防接種を希望される場合に留意して頂きたい点などを当ホームページにてご紹介しておりますが、この他にも気になる点やご不明な点などがございましたら、予防接種を受けられる前に医師や看護師にお気軽にご相談下さい。


インフルエンザ予防接種について

インフルエンザは、一般的な風邪症状と違い、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、併せて、喉の痛みや鼻汁などの症状も見られます。
インフルエンザ予防の基本は、ワクチン接種を受けることで、インフルエンザにかかってしまった場合の重症化防止の方法としても有効とされています。

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまで約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。毎年の流行期間が12月~3月ですので、12月上旬までに接種されることをお勧め致します。 尚、お子様で2回接種する場合、2回目は1回目から2~4週間あけて接種します。

また、インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染するため、インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出を控えることが大切で、特に高齢者の方や慢性疾患を持っている方、疲れがたまっている方、睡眠不足の方は注意が必要です。

インフルエンザワクチン費用

平成27年度の費用はまだ未定でございます。

肺炎球菌ワクチンについて

肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされる様々な病気(感染症)を予防するためのワクチンです。
肺炎球菌には90種以上の型があり、そのうちの23種に対してワクチンは効果があり、この23種類で実際の肺炎球菌感染症全体の80%を抑えることができます。

肺炎球菌ワクチン費用

自費 6000円
大田区にお住まいの65歳以上の方(平成26年3月31日まで) 2000円

予防接種を受けることができない方

1. 明らかに熱のある方

通常は、37.5℃以上を指します。

2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方。

急性の病気の経過が分からなくなる可能性があるため、その日の接種は見合わせるのが原則です。

3. 今回受ける予定の予防接種に含まれる成分によって、
  アナフィラキシーを起こしたことが明らかな方。

アナフィラキシーとは、通常予防接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。発汗、顔が急にはれる、全身にひどい蕁麻疹が出る、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しい等の症状に続き、血圧が下がっていく激しい全身反応です。

4. その他、医師が不適当な状態と判断した場合。

ページトップへ