院長のご挨拶

開業にあたり皆様へ

院長 小原太郎

小原りぼんクリニック院長の小原太郎(おばら たろう)と申します。

生まれ育ち、慣れ親しんで来た久が原の土地で「小原りぼんクリニック」を開業することになりました。
「りぼん」の名称は、家族みんなで「ああでもない、こうでもない」と考える中で思いついたもので、包み込むような優しいイメージが気に入り名付けました。

現代医療の発展は目覚ましく、平均寿命も飛躍的に延びて来ましたが、一方で必ずしも医療が患者さんの幸せに十分に貢献出来ているとは言えない部分があると思います。原因のひとつに、医学が人のこころの部分をあまり大切にしてこなかった事もあるのではないでしょうか。

小原りぼんクリニックでは、身体に良いことばかりではなく、こころに良いことも大切に考え、微力ながら少しでも地域の皆さんが幸せに生きるお手伝いをしたいと願っております。

小原りぼんクリニックでは

  •  患者さんや家族が気軽に相談出来る、話しやすい医師であること
  •  十分かつ分かりやすい説明を心掛け、患者さんにとってのベストの選択を共に考えること
  •  病院の主治医の先生や他の医療機関との連携に力を入れ、安心して療養出来る環境を
        築いていくこと
  •  不安な時は出来る限り訪問し、患者さんの状態を確認すること

などを心がけ、受診や訪問を楽しみにしていただけるような医療を目指して参ります。

院長略歴

2000年 獨協医科大学卒業 獨協医科大学越谷病院(消化器内科)【研修医】
2002年 東京衛生病院就職(内科・緩和ケア科)
2005年 都立府中病院(2年間のER・内科研修)【シニアレジデント】
2007年 東京衛生病院復職(内科・緩和ケア科)
2009年 おおもり大塚クリニック(内科・訪問診療)【副院長】
2013年 小原りぼんクリニック開業(内科・訪問診療)
ページトップへ